全天候型高耐久補修材

HOME>技術紹介:レスキューファルト

----

全天候型・高耐久補修材レスキューファルト

----

特長

1.全天候型であるため、水溜りでの施工も可能。2.内面が強固な袋に詰められ、乗用車等での運搬が容易。3.タックコート、プライムコートの乳剤塗布が不要。4.転圧は足踏み程度でよく、施工が簡単。5.タイヤに付着しにくく、施工後すぐに交通開放が可能。6.表面硬化後に、高い耐久性を発揮。7.開封後も長期間使用可能で、廃棄物の発生を抑制。8.リサイクル材(溶融スラグ)を使用しており、環境に配慮。

施工方法

1.施工箇所の掃除

補修面に溜まった砂やほこりを掃除します。よごれがひどい場合は、水洗いしてもOK。

2.材料投入・敷均し

水を押しのけるように、レスキューファルトを投入する。足・コテ・スコップなどで、周囲に角を作るようにして平らに敷き均す。

3.転圧

端部がタイヤの圧力を感知するように足で内側に向けて踏み、角を作る。

4.転圧・交通開放

足やスコップにて上部全面を踏み固め、石粉または砂や水をまいて交通開放をします。

----

施工適用箇所

ポットホール(施工厚さ:3cm程度)

構造物周りの段差

舗装のくぼみ(施工厚さ:1cm程度)

----
----
----