デジタル画像による構造物劣化調査

HOME>技術紹介:デジタル画像による構造物劣化調査

----

システム概要

デジタルカメラで撮影した画像やスキャナーで読み込んだ図面を利用し、解析ソフト(Kuraves-Actis )を用いて土木構造物・建築物のひび割れ幅・長さ及び劣化面積等の測定・集計を行い、診断を支援する調査報告書(調査画像・調査図面・数量集計表)を作成します。

現場では構造物の調査範囲をデジタルカメラで撮影します。足場が不要となるため、調査時間の短縮や調査費用の低減及び安全性・作業環境の向上となります。また、事務業務の効率化が図れます。

調査例 土木構造物(橋台・橋脚・擁壁・舗装面)、建築物

床版下面調査画像

調査例 土木構造物(橋台・橋脚・擁壁・舗装面)、建築物

NETIS登録時の技術名称 旧NETIS番号 分類1 分類2 開発会社 技術の位置付け
デジタル画像による、
構造物の点検・
分析支援システム
CB-050020-V 調査試験 構造物調査 太啓建設株式会社 少実績優良技術
----
----
----