JAIRA法赤外線調査(外壁劣化診断)

HOME>技術紹介:JAIRA法赤外線調査(外壁劣化診断)

----

赤外線調査・劣化診断とは?

外壁のタイルやモルタルの浮き・はく離部と健全部の表面温度の違いを赤外線サーモグラフィで撮影した熱画像の解析により、浮き・はく離の危険箇所を特定する技術で、足場や高所作業車が不要なため安全で経済的な調査を行います。

詳しくはこちら

定期報告の外壁調査とは

 

----

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

調査結果図・関係写真(熱画像・デジタル画像)・劣化数量表の活用

みなさまのさまざまなご要望に、お応えします!!

赤外線調査フロー

有資格者によるJAIRA法赤外線調査(特許工法)

弊社は、JAIRA(日本赤外線劣化診断技術普及協会)設立当初から技術委員として協会の認証制度の確立に携わってまいりました。赤外線調査に必要な高度な知識と技術をもった赤外線サーモグラファーステップ2資格者が、JAIRA式赤外線調査ガイドラインに基づき、信頼性の高い調査と報告を行います。

日本赤外線劣化診断技術普及協会

----

詳しくはこちら(PDF)

----

赤外線調査フロー

赤外線調査フロー

Step.1 事前調査、ヒアリング
建物の概要のヒアリングと事前チェックリストによる調査対象となる壁面の判定。
----
Step.2 撮影計画書の作成および調査業務の契約
現地踏査又は机上検討から、周辺立地条件を考慮し、撮影位置及び調査可能範囲等を明示した撮影計画書の作成。
撮影計画書に基づく見積書の作成及び契約。
----
Step.3 赤外線サーモグラフィ、デジタルカメラによる現地での撮影
撮影計画書に従い、赤外線サーモグラフィ、デジタルカメラによる対象壁面の撮影。
対象面の全面を観察し、浮き・はく離部と判断される変温部の熱画像及びひび割れ・劣化部と判断されるデジタル画像の記録。
----
Step.4 テストハンマーによる部分打診確認
熱画像より、浮き・はく離と判断される部分のテストハンマーによる打診及び赤外線調査結果の確認。
----
Step.5 熱画像及びデジタル画像の解析及び診断浮き・はく離・ひび割れ・劣化部の抽出
熱画像の解析により、浮き・はく離部の特定。
デジタル画像より、ひび割れ・劣化部の特定。
浮き・はく離部・ひび割れ・劣化部を明示した写真台帳の作成。
----
Step.6 調査結果図の図面化
図面に、(step.5)で調査した浮き・はく離部・ひび割れ・劣化部を図示した調査結果図の作成。
----
Step.7 調査結果の報告
建物概要、調査条件、調査結果図、写真台帳、関係写真(熱画像、デジタル画像)、劣化数量表などを取りまとめた報告書の作成と提出。
----

赤外線調査フロー

Step.7 調査結果の報告
調査結果に基づき、構造物に適切な補修・補強方法の提案及び見積書の作成。
----
Step.7 調査結果の報告
弊社施工部にて、施工の実施。
----

管理者のみなさまへ(PDF)

----

 

お問い合わせ

太啓建設株式会社 技術管理課

◎住所:〒471-0071 愛知県豊田市東梅坪町10-3-3
◎電話:0565-31-1277 ◎FAX:0565-31-6505

----
----