赤外線調査(外壁劣化診断)

HOME>技術紹介:早期交通開放型コンクリート舗装 (1DAY PAVE)

----

概要説明

昨今の社会インフラ整備におきましては、さまざまな社会情勢を背景に長寿命化、高耐久化、ライフサイクル コストの縮減、環境への配慮などが求められるようになっています。これらに対応すべく、一般社団法人セメント協会にて開発されました早期交通開放型コンクリート舗装(1DA Y PAVE)の長所を理解し、普及に努め、材料・施工の提供が可能な企業として、これを新たな技術として捉え、技術の進歩に繋がればと考えています。

『1DAY PAVE』は2013 年8月に国土交通省の新技術情報システム(以下、NETIS)に登録された新たなコンクリート舗装です。登録から適用された現場数は着実に増えてまいりました。No. KT-130044-VE

概要説明

JAIRA赤外線サーモグラファーステップ2資格者による信頼性の高い調査報告

1)舗装用コンクリートの水セメント比を約42%から35%に変えました。  
 ・14日間の養生期間を1日以内とすることが可能となることから、工期の短縮が図れます。  
 ・養生期間が短縮し、交通誘導員の費用が低減できるため、経済性が向上します。  
 ・従来の舗装コンクリートの強度が増加することから、耐久性の向上が図れます。

JAIRA赤外線サーモグラファーステップ2資格者による信頼性の高い調査報告

1)スランプフローを40pに変えました。  
 ・ワーカビリティーが改善され、フレッシュコンクリートが取り扱いやすくなります。  
 ・人力施工の敷均し作業が容易となるため、施工性が向上します。  

2)粗骨材の最大寸法を40oから20oに変えます。  
 ・供試体寸法が小さくなるので、品質管理における作業性が向上します。

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

 ・一般に早強ポルトランドセメントを使用し、混和剤に高性能AE減水剤を使用した一般的なコンクリートです。  
 ・少量の補修・維持工事に適しています。

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

 ・単位水量や混和剤の調整によりフレッシュ性状は任意に設定が可能です。  
 ・スランプ8pからスランプフロー40pまでのコンシステンシーのものを用いることができます。

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

1) 耐久性が極めて高い。  
2) ライフサイクルコストが低廉  
3) 大型車の燃費向上に効果  
4) ヒートアイランド対策にも効果的  
5) 道路を明るくさせる舗装

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

主催 太啓建設
共催 全国生コンクリート工業組合連合会、愛知県生コンクリート工業組合、
    西三河生コンクリート協同組合、一般社団法人セメント協会

GNSSシステム

詳しくは、一般社団法人セメント協会 発行 
早期開放型コンクリート舗装 1DAY PAVE製造施工 マニュアル [第1版]
www.jcassoc.or.jp/cement/4pdf/jk15_01.pdf

NETIS新技術情報システム KT-130044-VE
www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=KT-130044

をご覧ください。

----
----
----