赤外線調査(外壁劣化診断)

HOME>技術紹介:情報化施工 概要説明

----

建設工事のプロセスのうち「施工」に着目し、情報化通信技術いわゆるICTの活用により得られた電子データを活用して高効率・高精度な施工を実現するものです。
施工で得られた電子データを施工後の維持管理で活用することにより、建設生産プロセス全体における生産性の向上や品質の確保を図ることを目的としています。

----
----

概要説明

調査・設計・施工・維持管理・修繕の一連の建設生産システムにおいて、コンピューターや通信技術などを導入し、
効率化・高度化など生産性向上に寄与する情報通信技術を「建設ICT」という。

JAIRA赤外線サーモグラファーステップ2資格者による信頼性の高い調査報告

国土交通省では、2008年に「情報化施工推進会議」を設立。
その中で、ICTを活用し生産性向上、行政サービス向上、現場技術力強化を図ることを目的とした建設ICT
導入研究会を2010年に設立し、当社は、技術普及チームのチームリーダーを努めている。

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

@GNSS 〜Global Navigation Satellite System(グローバル ナビゲーション サテライト システム)〜

GPSなどの人工衛星を用いる方式

GNSSシステム

ATS 〜Total Station(トータル ステーション)〜

光学測量機器を用いる方式

TSシステム

国土交通省NETIS登録技術との併用による測定精度の高い調査報告書

@ MG 〜Machine Guidance(マシン ガイダンス)〜
設計データと現在位置を画面上で表す技術、カーナビのイメージ

GNSSシステム

A MC 〜Machine Control(マシン コントロール)〜
設計データに基づき排土板等を自動で操作する技術、走行は人が行う

GNSSシステム

B TSによる出来形管理

使用する計測器に「施工管理データを搭載したトータルステーション(TS)」を採用した施工管理方法です。
TSの利用により出来形計測は、3次元の座標値として計測することができ、施工管理・監督検査に計測した
施工管理データを用いることが可能

GNSSシステム

----
----
----