技術紹介一覧

HOME>技術紹介:技術紹介一覧

当社では以下の技術を採用しております。

情報化施工

建設工事のプロセスのうち「施工」に着目し、情報化通信技術いわゆるICTの活用により得られた電子データを活用して高効率・高精度な施工を実現するものです。
施工で得られた電子データを施工後の維持管理で活用することにより、建設生産プロセス全体における生産性の向上や品質の確保を図ることを目的としています。

詳しくはこちら

----
----

紫外線劣化防止剤 KCプロテクトUV

特殊建物等の定期報告における外壁調査に対応した、足場の要らない調査です。

紫外線劣化が進行している既設排水塩ビ管に対し、直接塗布により劣化進行を防止する技術です。環境に優しい水系で、安価で無臭です。また施工は、一液型・一度塗りの塗布型で、簡易施工が可能です。

詳しくはこちら

----
----

JAIRA法赤外線調査(外壁劣化診断)

特殊建物等の定期報告における外壁調査に対応した、足場の要らない調査です。

赤外線サーモグラフィで撮影した熱画像を解析し、外壁のタイルやモルタルの浮き・はく離の危険箇所を特定します。 高品質な調査手法であるJAIRA法(特許工法)を運用し、安全性・経済性・信頼性に優れた調査を実施します。

詳しくはこちら

----
----

デジタル画像による構造物劣化調査

土木構造物、建築物の調査診断に必要な4つの機能をパッケージ。

地上から撮影したデジタル画像を用いて、解析ソフトにより、ひび割れ等の劣化部を抽出する技術です。デジタル画像上でひび割れ幅・長さや劣化面積等を測定することができます。 さらに、あおり補正した画像を接合し、構造物全体のひび割れ等の位置を正確に把握できます。また、赤外線調査による熱画像との合成も可能です。成果として高精度で視覚的にも分かり易い報告書を提出します。

詳しくはこちら

----
----

全天候方 高耐久舗装補修材

レスキューファルト。

施工翌日の交通解放を実現するだけではなく、汎用的な材料で製造できるため、全国どの生コンクリート工場からも出荷が出来、しかも特殊な施工機械も必要としないことから、今後の普及が大いに期待できます。

詳しくはこちら

----
----

全天候方 高耐久舗装補修材

レスキューファルト。

構造物周りの段差や舗装のくぼみに最適な高耐久舗装補修材。
施工は足踏み転圧程度でよく、また路面の変形に対しての追従性に優れています。

詳しくはこちら

----
----

ローコストマンション

狭小地対応の高収益型賃貸マンション。

都市型マンション経営の高収入化を実現する、RC造3階建てマンションのご提案です。

詳しくはこちら

----
----

システム建築(yess建築)

経済性・耐久性・意匠性に優れたyess建築。

工場や倉庫、スポーツ施設やレジャー施設、店舗にいたるまで、大スパンの低層建築に対応します。

詳しくはこちら

----
----

コンクリート構造物リニューアル・テクノロジー

重曹ブラスト工法で洗浄し、C・T・Sで長寿命化。

圧縮エアと高圧水の混気ジェットは水が1粒1粒液滴化されて、マシンガンのように洗浄対象物に当たって弾けます。

詳しくはこちら

----
----

自然と共存する舗装

魅力ある環境を目指して。

間伐材の利用による足への負担軽減や優れた経済性、保水性材料を用いたヒートアイランド抑制効果など、環境にも人にも優しい舗装技術。

詳しくはこちら

----
----

免震技術

最新の地震対策技術免新構造に対応。

建物と地盤の間に設けた免震部材が地震エネルギーを吸収し、建物や設備の損傷、家具の転倒などの被害を防ぎます。

詳しくはこちら

----
----
----
----