太啓の家づくり雑記帳

外装改修工事

 

皆様こんにちは

ゴールデンウィークは、家でどのように過ごしていましたか?

我が家は、衣替え・大掃除・不用品の整理等にて外出を自粛していました。

自宅にいる時間が前より増えたので、1日のお酒の量も比例して増えたのは私だけでしょうか・・・?

あともう少し、完全終息するまで不要不急の外出控えて頑張りましょう。

 

今回は外壁改修の話を、久しぶりに杉本が担当します。

 

こちらのご自宅は、2年半前に建物増築・内装改修をさせて頂いた建物です。

また、玄関の取替えも去年の7月ごろにさせて頂きました。

今回は既存建物の、外壁改修工事です。ちなみに築35年ぐらいの建物です。

 

既存南側の玄関は、レトロなラスモルタル塗りのタイル張りの外壁でした。

腰上部分は砂壁状模様(じゅらく風)の塗り壁です。

今回の提案は、エスケー化研さんのサンドエレガンテという吹付塗材の

ヘアーライン仕上げ(黒色)にて提案させて頂きました。

 

現況

 

杉本1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完了

 

杉本2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南面外壁の黒色は、車庫・門扉を増築させて頂いたときに、

黒をベースにしたので、今回は南面外観を合わせるために

黒色にて施工させて頂きました。

 

2年前の竣工写真①

 

杉本3

 

 

 

 

 

 

2年前の竣工写真②

 

杉本4

 

 

 

 

 

 

南面以外の外壁・軒天井は、白色ベースにて塗装しました。

今回の外壁は鎧張り(標準語:下見板張り)という、

和風外壁なので、白色のイメージにしました。

また、軒樋・縦樋・破風等は、黒色にしました。

 

現況①

 

杉本5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完了①

 

杉本6

 

 

 

 

 

 

 

 

現況②

 

杉本7

 

 

 

 

 

 

 

完了②

 

杉本8

 

 

 

 

 

 

 

現況③

 

杉本9

 

 

 

 

 

 

 

完了③

 

杉本10

 

 

 

 

 

 

 

木部の目隠しルーバーも一度取外し、外壁塗装完了後に再取付けを行いました。

又、木部には木材保護塗料を塗布しました。

 

 

塗装工の職人さんによるとても丁寧な塗装を致しましたので、お施主様からも信頼を得ました。

工期は少し遅れましたが、とても良い出来栄えに完成しました。

お施主様も、仕上げにはとても満足して頂いております。

 

完成①

 

杉本11

 

 

 

 

 

 

 

完成②

 

 

杉本12

 

 

 

 

 

 

 

玄関横の袖木部も、薬品にて木本来の色まで洗浄しました。

 

洗浄前

 

杉本13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後

 

杉本14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<補足>

今回の建物では、南側下屋先端部分に銅板葺きが張ってありましたので、

特殊な薬品にて清掃しました。

なるべく新品の状態になるまで、赤銅色を出しました。

半年・一年後にはきれいな緑青色になっていると思います。

銅板は、空気中の酸素、二酸化炭素と水分に反応して緑青という錆が

表面に被膜を作り、銅板内部への腐食を防ぐ効果があり、

それ以上に錆が進まず耐久性を高める材料です。

銅板葺きは、お寺・神社によく使用されています。

 

 

自宅の外壁が気になるお客様は、

気軽に、LIXILリフォームショップ太啓建設まで相談しに来てください。

 

最後に、世間を騒がしているコロナウイルス、

一日でも早い終息を願っています。

いつも通りの生活が早く出来るよう、みんなでもう少し頑張りましょう。

 

カテゴリー
カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ
検索